改装Navigation

リフォーム工事によって手に入る高齢者向け住宅

高齢者に優しい住まい

夫婦

住まいの「安全」について考えよう

足腰に何の問題もなく、階段や段差の昇り降りを楽に行なえるような年齢であれば、暮らしの中に不便が生じることは少ないと言えるでしょう。しかし歳を重ねてくると様々な危険が降り掛かってくるものです。
例え低い段差であっても、躓いて大怪我をする可能性も考えられます。安全な暮らしを維持するにはそういった要素を改善していく必要があるでしょう。

高齢者から注目されるリフォーム業者

オンテックスは外壁塗装から住まいのリフォームまで、住宅に関するあらゆるサービスを提供している業者です。親切・丁寧な対応はバリアフリー化を希望する人たちから注目されています。施工技術も高く、住まいの問題点をしっかり改善してくれるので安心です。

二世帯住宅向けの工事も可能

現在住んでいる住まいを二世帯住宅としてリフォームしたいのであれば、オンテックスのような高い実績を持つ業者に相談してみることが大切です。細かい要望に応えられる実力があるため、住人が求める快適な暮らしをしっかりと実現してもらえます。

シニア世代からの評価

Hさん(72歳男性)

ここ数年で足腰が弱くなり、家の中で転ばないように気を付けることが多くなったのですが、オンテックスさんがバリアフリー工事をしてくれてからは快適です。今度は玄関にスロープを付けてもらおうと考えています。

Aさん(68歳女性)

夫が車椅子を使うようになってから、ちょっとした段差が気になり始めました。自分一人ならまだしも、夫の身体を支えながら歩くには心配だったので、オンテックスに相談して段差をなくす工事をしてもらいました。

Tさん(70歳男性)

昭和45年くらいに買った家のトイレは和式でした。年齢的にキツくなったので洋式にリフォームしようと思い、オンテックスのスタッフさんに相談しました。工事が終わった後も丁寧に対応してもらえるので満足です。

Wさん(71歳女性)

我が家の浴室はとにかく滑りやすく、毎日ヒヤヒヤしながら入浴していたんです。娘一家が泊まりに来ることもあるので、孫が転んで怪我をしないよう、リフォーム工事オンテックスに依頼して滑りにくい床にしました。

Sさん(77歳男性)

息子夫婦が同居を申し出てくれたのですが、お互いの生活空間は分けた方が良いだろうと思い、過去に外壁塗装を依頼したオンテックスにリフォームをしてもらいました。1階は私たち、2階は息子夫婦が住んでいます。